医学部の受験まで一年でも諦める必要はありません。

最も注意したいのは自分にはダメだと思い込んでしまうこと

学部の中でも医学部は特にハードルが高く、高嶺の花と認識している人が多いでしょう。
確かにハードルは群を抜いて高いですが、それをクリアしている人は大勢います。
受験まで一年という状況でも合格している人は実際にいるのです。
再受験をする人は決してめずらしくなく、年齢層は全般的に高めになっています。
この点は他の学部と比べて許容範囲が広く、周囲もあまり気にしない傾向があります。
勉強からしばらく遠ざかっていても、効率よい学習法を見つければ合格することは可能です。
最も注意したいのは自分にはダメだと思い込んでしまうことにあります。
ダメだと決めつけてしまうと思考が停止し、そこから前に進むことが難しくなります。
前進するためには思考を常に作動させておく必要がありますので、決して諦めないようにしてください。
実際に成し遂げている人は大勢いるわけですから、他人事だと思わないことが重要です。
25歳を超えてから合格している事例は数多くありますので、そうした人たちを参考にしてください。
予備校に通学するのであれば、医学部専門の予備校がよいでしょう。
豊富な医学部合格の実績があり、卒業生を大勢輩出しています。
偏差値が非常に低い状態から合格した生徒は大勢いますので、決して無理だと思わないことが大切です。

医学部卒業した経歴のある人は医学部受験できないんですが、進振り前の理3ならいいんでしょうか…

— 偽預言者パコメット(PN 淡嶺雲) (@Tanreiun) 2020年1月5日

最も注意したいのは自分にはダメだと思い込んでしまうこと本気で医師になりたいと思っている人は、考えすぎずに行動することが重要独学だけで学習しても効率よく学力は上がっていきません