医学部の受験まで一年でも諦める必要はありません。

本気で医師になりたいと思っている人は、考えすぎずに行動することが重要

最も注意したいのは自分にはダメだと思い込んでしまうこと本気で医師になりたいと思っている人は、考えすぎずに行動することが重要独学だけで学習しても効率よく学力は上がっていきません

本気で医師になりたいと思っている人は、考えすぎずに行動することが重要になってきます。
考えているだけで物事が前進することはなく、時間ばかり経過するだけです。
ある程度の年齢になっても挑戦はできますが、やはり若いころと比べると記憶力やバイタリティは低下してくるでしょう。
何歳になってもチャレンジはできますが、若いころのほうが大きな可能性があるのは確かです。
一年という短期間でも合格することは可能ですから、絶対に合格するという強い意志を持ちましょう。
できないと考えると本当にできなくなってしまう現実があります。
最初からダメだと考えている状態ならば、行動に移そうとは思わないはずです。
逆にできると思い込んでいれば、やるために行動をしようと考えるでしょう。
漠然とした気持ちで予備校に入学しても、勉強は長続きしないはずです。
継続は力なりという言葉があるように、結果を出すためには継続が欠かせません。
そして継続のエネルギーとなるのはモチベーションです。
医師になりたいと本気で思ったのであれば、あとは何も迷うことはないのです。
迷うことは頭に雑念を生んでしまうので、行動を制限するようになります。
医学部に一年で合格するためには予備校での授業に加えて自習も必要になってきます。
習ったことを知識として定着させるには、何度も自習を重ねていく必要があるのです。
自習を習慣にすれば自然と学力は上がっていきますので、受験までに相当な実力をつけることができます。
実力はすぐに身につくものではなく、学習時間と効率に比例しています。
マイペースでコツコツと頑張っていくことは、無理なく学力を身につける基本になるわけです。
自習中にはストレスが溜まることが多々あるでしょうが、合格した場面をイメージして乗り切ってください。